自分と組織を、次のステージへ

「変わりたい」を応援する私たちと、ともに。

導入実績

ビノベーション®︎レポートとは、140項目の質問に答えることにより、人が生まれ持つ資質を14軸2対28項目に分類・データ化するものです。
“ビノベーション“とは、行動(Behavior)×変革(Innovation)を掛け合わせた造語で、このレポートを活用することによって個人と組織の【行動変革】を促し、能力を最大化する手助けをします。

個人とチームの成長を
「偶然」から
「必然」に
変える事ができる

自分がわかる

なんとなく感じている自分の強みや弱みを客観的なデータで理解する事ができ、「無意識の行動のクセ」がわかる。
強みの理解が明確になる事はもちろんだが、逆に無意識に他人を傷つけてしまっていた言動もわかるので、言動を良い方向に変える事ができる。

利用者の声

思っていたことをすぐ発言していたのが、無意識の行動のクセを知ることで周囲に配慮した言動ができるようになった。

15歳女性(高校バレーボール部所属)

相手がわかる

ビノベーション®︎レポートという共通言語を通じて自分と相手の特徴を知る事で、違いを理解・尊重し合う事ができ、「互いに居心地が良いコミュニケーション」が可能になる。

利用者の声

仲間にどんな声かけをしたらよりプラスになるのか考えながら取り組むことができ、一人一人言われたことに対しての感じ方は全く違うのだということが知れてよかった。

16歳女性(高校バレーボール部所属)

相手がわかる

ビノベーション®︎レポートという共通言語を通じて自分と相手の特徴を知る事で、違いを理解・尊重し合う事ができ、「互いに居心地が良いコミュニケーション」が可能になる。

利用者の声

仲間にどんな声かけをしたらよりプラスになるのか考えながら取り組むことができ、一人一人言われたことに対しての感じ方は全く違うのだということが知れてよかった。

16歳女性(高校バレーボール部所属)

チームが進化する

チーム全体の行動のクセが可視化される事により、チーム全体の特徴を理解する事ができ、全体の行動は、「長所を活かし合い、短所を補い合う行動」となり、チーム力が最大化する。

利用者の声

1人1人の個性を認め合うことによってレギュラーかどうか、といった実力や上下関係だけの区別がなくなり、チーム全体の士気が高まった。

40歳監督(高校バレーボール部監督)

導入事例

導入の流れ

私たちはビノベーション®︎レポートを通じて、人と組織の成長を「偶然」から「必然」に変え、
個人と組織が新しい可能性を手に入れるお手伝いをします。
そして、個人と組織が新しいステージに進めるまで、徹底的に伴走し継続的にサポートします。

STEP

1

導入準備

具体的な課題や要望をヒアリングさせていただき、ご希望であれば代表者の方にお試し受験をしていただき、ビノベーション®︎レポートを体感していただきます。

STEP

2

受験·フィードバック

正式受験後は、レポートの具体的なフィードバックと、ニーズに合わせた活用方法をご提案させていただきます。

STEP

3

伴走型トレーニング

個人・チームの課題やニーズに合わせたフォロー・トレーニングをさせていただきます。受けて終わりではなく、受けた後の変化を定点観測しながら継続的にサポートします。

※料金は受験人数や伴走支援の内容により異なります。

ビノベーション®︎レポートの特徴

個性を「〇〇タイプ」「〇〇に適性がある」と断定しない事が特徴です。断定して型にはめ込む事により可能性を制限してしまうからです。
一人一人の行動の癖や、生まれつき備わっている出やすい行動を紐解き、現状の環境に合わせた個性の活かし方がわかります。また、ビノベーターが長期間伴走し、活用方法をフォロー・トレーニングする事により、「あたなたらしさ」を徹底的に磨きます。

スポーツ庁委託事業「アスリートキャリアコーディネーター育成プログラム(診断パート)」に採用されています。

ビノベーターとは?

ビノベーション®︎レポートを使いこなす講習を受け、フィードバックを行う資格を持ちます。TOiRO株式会社では、日本で最多のビノベーターが在籍しており事例が最も集まっているため、利用者に質の高いフィードバックやフォローが可能です。

※ブライトン・コンサルティング調べ(2021年4月)

断定しないレポート
3つのポイント

point

1

適性を断定しません

適性を断定しません

「適性という枠に当てはめるのではなく、出やすい行動を数値で表現することで、今の役割にあった特性の活かし方をビノベーターがアドバイスします。」

point

2

タイプを断定しません

タイプを断定しません

特性は変わりづらいもの、変えられるものがあります。タイプに縛られることから解放されることによって変化に応じた力の発揮をサポートします。

point

3

強みを断定しません

強みを断定しません

強みと弱みは表裏一体です。他者が自分をどう見てるかも実は人によって様々です。自らの強みを理解し、相手に強みが伝わるような行動を促すことができます。

ビノベーターによるフィードバック

ビノベーション®︎レポートを使いこなす講習を受け、フィードバックを行う資格を持ちます。TOiRO株式会社では、日本で最多のビノベーターが在籍しており事例が最も集まっているため、利用者に質の高いフィードバックやフォローが可能です。

チーム内で開示することによって
コミュニケーションを円滑にする

ビノベーション®︎レポートは、チームで受験する場合、レポートを開示しあうことでお互いの理解を高めます。
お互いの資質を理解した上でコミュニケーションを取り合うことは、チーム力の最大化につながります。

チーム内で開示することによって
コミュニケーションを円滑にする

ビノベーション®︎レポートは、チームで受験する場合、レポートを開示しあうことでお互いの理解を高めます。
お互いの資質を理解した上でコミュニケーションを取り合うことは、チーム力の最大化につながります。